今週のアフタースクール (10/4 – 8)

今週のアフタースクール (10/4 – 8)

今週は、アートのプログラムから始まりました。「創造アトリエ おおきな木」の川﨑久美さんにご指導いただいて、広場で拾った葉っぱをフロッタージュ(こすりだし)して紙皿に貼り、秋の絵皿を作りました。色鮮やかですてきな絵皿ができました!

人数の少なかった日には、レゴを出しました。一人で楽しい家を作る子もいれば、お友だちと一緒に遊びながら町を作る子もいました。普段はスペースの都合でなかなかレゴを出すことができないので、この機会に思いっきり楽しんでいました。

ぬいぬい部では、お裁縫に慣れてきて、ほとんどスタッフの力を借りずにマスコットを作る子もいます。「家でもやってみたよ」「フェルト買ったもらうんだ」と、すっかり夢中の様子で、スタッフは嬉しく見守っています。上級生の作った作品を見て、「私もやりたい!」と難しいものに挑戦する子もいて、上級生のように上手には作れなくてがっかりしている場面にも出会いましたが、「たくさん作るうちに必ず上手になるからね。」と応援しています。

外はすっかり秋になり、落ち葉がたくさん落ちている日もありました。外遊びをしに行ったはずの子ども達が「ほうき使ってもいい?」と聞きに来て、気が付けばみんなで落ち葉の掃除をしてくれていました。集めても集めても、風が吹いてまた飛ばされ…となかなか大変そうでしたが、子ども達は果敢に風と闘いながら楽しそうにお掃除をしていました。これも秋の楽しみ方のひとつのようです。